竹細工 背負い籠 千葉 竹細工 背負籠 千葉 竹細工 背負い籠 番用 千葉
日暮金物店
ご注文は下記にお願いします
TEL 043−291−0478
FAX 043−291−0439
Eメールkana-ahy@agate.plala.or.jp
地方発送代引きにて対応
千葉県千葉市緑区
誉田町 2−24
有限会社 日暮金物店
電動工具の日暮金物店

  この背負い籠は日本製で大多喜地方で製作しております。

千葉県の大多喜では昔から竹細工が盛んで背負い籠、バンヨ、てみ等盛んに作られております。日本古来の製法で年に1回の竹切からはじんまり冬には川の中に浸します。竹細工の製法はおじいさん、おばあさんに受け継がれております。が後継ぎがいないのが現状です。
トップページ
買い方
背負い籠
竹細工
竹細工の番用
竹細工の
番用
竹細工の箕
竹細工の箕
背負い籠
竹細工の
背負い籠
背負い籠の紐

竹細工
イナバ物置
竹細工の背負い籠は日本製です。 背負い籠は大多喜産です。
 竹細工の背負い籠の中 竹細工 背負い籠の中 

販売とサイズはこちら



税別 8,500円
 背負い籠の中の写真 背負い籠の底の写真 
   
 竹細工の背負い籠の大  竹細工 背負い籠の大

販売はこちら



税別12,600円
背負い籠の大は男性向けの大きさで畑に出てキャベツなどを取るのに便利です。 
竹細工番用 番用

竹細工番用の単価はこちらです

本物の竹細工

税別3,500円
竹の番用は畑で肥料などをまくのに使うと便利で、最近は草取りの時に草を入れて使っている人もいます。 
竹細工竹のミ 竹の箕

竹細工竹のミの単価はこちらです

竹の箕

本物の竹細工

税別4,500円
竹の箕は柔らかさを利用してゴミを扇いで分けるのにも使えます。 
竹細工の藤のミ 藤のミ

単価はこちらです

藤の箕


本物の竹細工
藤の箕は山にあるつるの皮をはいで編み込んだもので小豆などの皮と実の選別に使用しました。 
竹細工背負い籠 背負い籠
ショイ籠は
金物屋で販売しております

背負い籠の単価はこちらです。
 背負いかごのひもは二本での販売で一組で背負い籠、一個分です。
背負い籠の紐(ヒモ) 背負い籠のひも

ショイ籠の紐

販売はこちら

税別1,600円
この竹細工 背負い籠 背負籠は千葉県の大多喜地方の製品です。

この竹のミ 籠竹の箕) 藤のミ籠藤の箕)後継者難のため、あまり作れません。 
特に藤のミ 藤の箕)に関してはあと20枚ぐらいで終わりになるかもしれません。
藤のミは12月25日現在 1枚の在庫のみです
お問い合わせください

日本の竹細工 籠は1年の一番いい時期に1回しか切らないので、虫も食いにくく長持ちします。

東京 千葉 埼玉 茨城 神奈川を重点的に販売中

東京 千葉 埼玉 茨城 神奈川を重点的に販売中
金物屋のネットショップの竹細工へ
千葉県の大多喜地方では
ショイカゴ  背負い籠
背負籠と呼ばれてます、
買い物かごなどとして使わ
れております。
ショイカゴ 背負い籠は
サイズは中と大です。
その他に大多喜地方では
竹の子を掘りに行く時に
底の目の粗いショイカゴがよく使われます。
金物屋のネット販売の方で説明いたします。 竹細工の販売へ
  竹細工の日暮金物店の店長です。
大多喜地方の竹細工は筍や竹細工で有名です。

日本古来の竹細工の背負い籠は職人さんがいなくなってきており背負い籠の紐は特におりません
  金物屋のネット販売

〒 266−0005 千葉県千葉市緑区誉田町 2−24
有限会社  日暮金物店   代表 日暮
TEL 043−291−0478  FAX 043−291−0439
Eメール kana-ahy@agate.plala.or.jp
http://higurasikanamonoten.web.fc2.com/

inserted by FC2 system